2012年06月05日

しかけがもりだくさん!

おはようございます。ちぃこです。
本日のかみものは、その名もメリーゴーラウンド絵本
子供のころに一度は読んだことがあるはず!?の
ヘンゼルとグレーテルのお話が立体的に楽しめます!
ehon2.jpg

シーンごとに数枚の絵が重なっていて
奥行きが感じられるような…。
"絵本"ではありますが、大人でも十分に楽しめる1冊です。

平面、立体それぞれの楽しさがあるのが
かみの素敵なところであり魅力だなーと
改めて感じさせてくれるかみものなんですが、
こちらのアルファペット
たにおり、やまおりをするだけで
それぞれのアルファベットがつく動物がつくれてしまうというもの!
AからZまでたくさんの動物がつくれるんです!
ehon1.jpg

もちろんわたくし、自分用に買いました。笑
子供の時にこんなものがあったら、どれだけ興奮していたやら。
アルファベットに、紙に、動物に、一気にふれることができるんですよ!
うーん素敵。
じつはもったいなくてまだ一匹も動物に出会えていないのですが…
こういうかみものとの出会い、ほんとにわくわくいたします。

みなさんのおすすめのかみものも是非教えてくださいね!→

ちぃこ○△○**


posted by kamihiroba at 09:21| かみもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

【紙ガール展】プレイバック!part.12

なにやら急に曇りもよう…
梅雨の到来でしょうか。
天パのわたしにとっては辛い季節…
今日ももじゃもじゃ、べにこです。

さて!
ゆるーりだらーりと振り返ってまいりました
【紙ガール展プレイバック】!
ついに…ついに最終回となりました。
長らくだらだらとしてしまいましたが…フィナーレです!


紙ガール展の密かな見どころ(?)は、
ひとつひとつのお値段でもありました。
ちょっとびっくりするような物もあるのです。

例えば…

20120528.jpg


こちらの正方形のシンプルなブロックメモ。
伊藤バインダリーさまの
上質メモブロックという商品もそのひとつ。

さてみなさま、
こちら一体いくらだったと思いますか??
つづきはこちら。
posted by kamihiroba at 20:05| かみもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

パンのかみさま。

どんなにぎりぎりの状態でもかみものを買わずにいられないわたくし…
気付けば帰りの電車賃がない…
ご飯を食べるお金もない…
なんてことは日常茶飯事なんですが。(ヲイ)

パンにも目がないのですよ!!
とはいえ、あんまり詳しいことはわからない、食べる専門なのですが。
そんなパン好きにとってはまさにかみ!神!!
かたときも目を離したくないサイトが、
(おなかがすいているときには、たまらなく苦しくなるのでご注意を…)
そしてそこからうまれた、まさにパン好きのためのバイブル!!が、
『パンラボ』
panra1.jpg

パンへの愛情に満ちた、研究員の方々によるあつい文章の数々!
ためになる…だけじゃないんです…心底幸せになります…
パンのあれやこれやに出会うことができます。

パンの本といえばキレイな写真でカラーで…と思いますよね!?
『パンラボ』は違うんです!
じつはパチスロ漫画誌『パニック7ゴールド』に掲載されている『パンラボ』。
『パンラボ』本紙には、この漫画誌とおなじ、いわゆるザラ紙がつかわれているのです。
一般的にはなかなか手に入りにくい紙でもあるんですが…

"なんでこの紙を選んだんだろう…"

食べ物の本にありがちな
キレイ!
なんて美味しそうなんだ!
という感想よりも
もっとパンの奥深さにしずみこんでいってほしかった、
その想いをうまく表現できるのはこの紙しかなかった、
と著者である池田浩明氏はトークショーで仰られていました。

しかも偶然にも『パンラボ』の重さは食パン一斤と同じなんだとか!!
うーん。
内容はもちろんなのですが本当につよい想い、こだわりがつまった1冊です。

パン好きの方も、紙好きの方も、そうでない方も。
ぜひお手にとってみてください!!

ちなみにわたしが一番好きなクリームパンのページはこんな感じ。うふ。↓
panra2.jpg


ちぃこ○△○**
posted by kamihiroba at 07:50| かみもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

ふきだしわらいにご注意を!

だいすきなイラストレーターニシワキタダシさんの本がすごいんです!

ほっこり。
シュール。
おもわずぷぷっとふきだしてしまうことまちがいなし。
そんな素敵なイラスト満載の『日々かるたブック』の紙の使い方にも
さらにぐぐっと心をわしづかまれました!!

だってねみなさん。
本文が、ミシン目に沿ってピリピリ切り離すと
実際にかるたとして使えるということで、
いわゆるボール紙、厚紙でできているんですよ!
nishi.jpg

しかも表紙は、その切り離してできたかるたを入れることができる箱がつくれるように
少し厚めの紙が使われていて…。

製本するの大変そう…
とかおもうじぶんが、気持ち悪くもちょっと嬉しかったりして…。

"かるた"とはいえ本ですから
とじたりひらいたりにある程度たえられなくてはいけません。
製本の糊の調整とか
いろいろな工夫や技術が盛り込まれているんだろうなー。

読んでいても、手にとるだけでも
たのしくてわくわくするような本に出会えると、紙の魅力を再確認します。
そんな出会いがもっとできると良いなぁ…
皆さんのおすすめの本などがあればぜひ教えてくださいね!→

ちぃこ○△○**
posted by kamihiroba at 08:26| かみもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

つよくてやさしい世界観。

ロー引きされたブックカバー
活版印刷によるカード
繊細な印象をもつマスキングテープ
tentosen.jpg

点と線模様製作所岡理恵子さんによるかみものたち
本当に繊細で素敵なものばかり。
じつは岡さんはかみものの制作をメインでされているわけではなく…

風景や植物といった目に見えるもの。
また冬の寒さや雨の音といった目には見えない題材。

北海道を拠点とされている岡さんの身の回りにあふれるさまざまな素材が
独自の視点を通してデザインとして表現されていて、
布地に、テキスタイルとして表現されているものとあわせて
かみものの図案もつくられているのです!

『素敵な布…だけど裁縫は苦手…でもこの絵柄を傍においておきたい!!』
と地団駄をふみまくったわたしにとっては
つくってくださってありがとう!;△;!
感涙もののかみものたち。

岡さんの世界観が確立しているからこそ
紙でも布でも。
どんな媒体になっても素晴らしくて美しい作品になるんだと思います。

岡さんのブログに掲載されている制作風景の映像もまた素晴らしいんです…。
ゆるぎない、うつくしい世界観がここに

ちぃこ○△○**
posted by kamihiroba at 10:58| かみもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。