2014年09月12日

ヨコトリグッズStory*ヨコハマコースター

・ヨコハマトリエンナーレ商品紹介第2弾 
今回は『ヨコハマコースター』を紹介したいと思います。

_MG_7751.JPG



今回この『ヨコハマコースター』を作るに当たって、プロジェクトチームで打合せを行った結果、様々な種類の紙がある中で何か形に残るもの、
商品として面白みがあるものをつくれないかという結論から選ばれたのが『乳栓紙』という紙でした。


では、乳栓紙と聞くと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?


実は誰しもが一度は触った事のある紙なのです。
そう!小学校などの給食の時間にいつも開けていた牛乳瓶のキャップに使われている紙の事です。
乳栓紙は厚みがあり、耐水性にも優れている紙なのでコースターの適正にも抜群の相性!!


というわけで、どこか懐かしく柔らか味のあるこの紙で何か作れないかこの紙の面白さを商品に引き出せないか、ということで発案されたのがこの「ヨコハマコースター


デザイナーさんとの打合せの中で、横浜をイメージしたもの、又紙の特徴を生かして図柄を柔らか味のある形で再現しました。


商品のイメージとしては、縦一列に5つのコースターを並べました。
一番目に、トリエンナーレのロゴ入りのコースター
二番目に、港横浜をイメージした船のコースター
三番目に、中華街をイメージしたしうまいのコースター
四番目に、横浜発祥のガス灯のコースター
五番目に、赤レンガをイメージしたレンガのコースター
と5つのコースターデザインを用意しました。

この『ヨコハマコースター』の特徴は、
・一番上に壁掛け用の丸穴がついており、部屋の壁にかけて楽しんで頂けること。
・コースターそれぞれに3ヵ所の留め加工をしているので、
コースターを抜く楽しみが味わえること。
・コースターの形がアイスクリームのフタの取っ手を付けた形で表現しており、
目で見て楽しめること。


このようにコースターとしての商品適正はもちろん、港横浜をイメージし、商品に遊びを加えているので、見て楽しめて、使って楽しめるのが『ヨコハマコースター』の魅力!


是非、この遊び心があり、どこか懐かしい風合いを感じられる『ヨコハマコースター』で、
横浜の情景に思いを馳せながら至福のひと時を楽しまれてはいかがでしょうか?


そんな『ヨコハマコースター』を手に入れることが出来るのもヨコトリ会期中だけ!


販売場所は、ヨコハマトリエンナーレ2014公式ショップとなる横浜美術館会場ショップ、新港ピア会場ショップ、、東急ハンズ横浜店でお取扱い頂いております。
この機会に是非お立ち寄りください!


posted by kamihiroba at 16:49| かみあそび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。