2012年07月13日

かみと箔とロー引きと。

sanken1.jpg

大好きなかたち。さんかく。凵B
独特のしっとり感。
色鮮やかな発色の紙。
マット調の箔押しが落ち着いた風合い。

こんな素敵なかみもののお手伝いができるなんて。

こちらいったいなんだと思いますか??

じつは…


こちら…

なんと…

(しつこい)

ハーブティーと紅茶のパッケージなんです!
東京渋谷区代々木上原にある
洋菓子店パティスリービヤンネートルさんの新商品で
今週末7/14(土)〜7/16(月)に開催される2周年記念フェアで
お披露目&販売開始されるとのこと!

(これはもう行くしかない…!!!)

デザインに携わられたMiracleDeluxe(ミラクルデラックス)さん
加工に携わられたコスモテックさんなど
皆様のご厚意で一足お先にご紹介させていただけることに。

なぜかといいますと。

今回使用していただいた紙、ケンランをおさめさせていただいたからなのです!
弊社はあくまでも紙の卸商。
さまざまな紙を取り扱っているのですが
販売させていただいた先で
どんな使い方をしてくださっているのか。
どんな製品にうまれかわったのか。
知ることができる機会というのは意外と少ないものなのです。

なので今件、本当に嬉しくてしょうがないのです。
紙の販売というだけでのお手伝いではありますが
こんな素敵なかみものに関われて、
ご紹介させていただく事ができて。ケンランは豊富なカラーバリエーションをもった厚紙。
"色ボード"なんていうジャンルでもあります。
厚み、硬さがあることからパッケージやDMにもぴったり。
個人的には他の厚紙にはありそうでない色味のべにえんじが大好きです。
パステルカラーのパール色があるのもニクイところ。
41色ものラインナップのなかから、
新製品であるハーブティー5種・紅茶1種のイメージにあわせて
紙色、箔色を選ばれたとのこと。
なんと!わたしの大好きなえんじ
ローズヒップピーチに使われているじゃあありませんか!
イメージにあわせて色を選ぶことができるのもケンランの特徴なんですねー。
sanken2.jpg

また、箔押し加工にも注目していただきたいのは勿論のこと
(コスモテック青木師匠のブログをチェック!チェック!!)
この独特のしっとり感。
どこかで出会っているような…
!!!
ロー引き!!
そう。
紙ガールの大好物、蝋引き加工が施されているんです。
(箔押し→ロー引き)
これによって、ケンランの色味もちょっと深く、というか濃くなっています。
独特の質感、風合いで愛されている蝋引き加工のすごいところは
見た目だけじゃないというところ。
なにかというと、紙に蝋引きすれば食品に直接触れることができるのです
見た目+機能をもたすことができるなんてオトク!な加工ですねぇ。

かみ+箔+ロー引き。
まさに紙+αの魅力がつまったかみものとの出会いに改めて感謝です。

ちぃこ○△○**


posted by kamihiroba at 11:31| かみもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。