2011年06月07日

活字のチカラ!A

続いてやってきました、活字鋳造の場!
カタッカタッとリズミカルな音が聞こえてきます。
…興奮のあまり倒れそうです…
katu2.jpg

こちらが原料となる、鉛・すず・アンチモンなどの合金です。
これを溶かして、母型と呼ばれる文字の型に流し込んで、1本1本活字を作ります。
流し込まれた原料はすぐに固まります。
(文字の大きさが大きくなる程固まるのに時間がかかるので、
ゆっくりゆっくり機械も動きます。
小さい文字の時はかなり速いスピードで機械が動きます。)
katu3.jpg

機械には、ガスで動くものと、電気で動くものがあるんですが、
出来上がった活字が自動でどんどん箱に入っていくものや、
文字のもとになる母型の交換が自動でできるものなど、
昔ながらの機械でありながら、高性能な機能がついていることに驚きました。
ですがどちらの機械も、温度や速度、母型をはめる位置などを手動で調節する事があり、
人の手無くしては成り立ちません。
そんなほっとけ無さも魅力の一つかも?

そして…
見よ!
これが活字です!
そう。
佐々木活字店さんでは、活字鋳造、印刷だけではなく、
個人向けに活字を販売してくださるんです。
大きさや字によって対応していただけるかどうか等変わってきますので、
何か御要望があれば是非お問い合わせくださいね!→
katu4.jpg


つづくかも…!?

ちぃこ○△○**
posted by kamihiroba at 10:49| かみあそび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする